ゲーム実況のために専門学校に行く必要なし!基礎知識はこれだけ!

ゲーム実況ではなく
お小遣い稼ぎを最終目標にしている人は以下をクリック↓

YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

ゲーム実況の専門学校ってあるの?

これまで独学でゲーム実況を続けてきた私にとって
「ゲーム実況の専門学校?」と首を傾げました。

私がニコニコ動画で6年ゲーム実況をして
100万回再生を達成したのはわずか3本だけだけど、
『習うより慣れよ!』の心と『99の失敗と1の成功』を信じてようやく辿りついた100万回再生です。

たかがゲーム実況されどゲーム実況、職人肌の実況者は人気実況者の背中をみて学び
真似て基礎をつくって『自分』という個性・オリジナリティを構築するようになります。

ただ、ゲーム実況の専門学校があることには
現役実況者としては興味が湧いたので調べてみました。

【学校法人 滋慶学園 東京アニメ・声優専門学校】に
MC・実況を学ぶ【キャスター専攻】があり
これがゲーム実況を学ぶ専門学校…とHPに記載されているけど…

詳しく調べると私が知っている
ゲーム実況ではなく『e-sports』というプロゲーマーのゲーム大会のMC・実況を学ぶらしいです。

『e-sports(エレクトロニック・スポーツ)』とは
ゲームをスポーツ・競技として捉える際の名称で
賞金をかけた世界規模の大会が開催され、年収1億人を超えるプロゲーマーが存在して
世界のe-sport競技人口は5000万人以上となっているようです。(全然知らなかったです。)

いままでネット上で行われてきた
アングラな(表立たない)活動が今や世界的規模となっていて
一つのビジネスとして成立していることには賛否分かれると思いますが

ゲーム実況が仕事になるとは子どもの時は想像できなかったです。

ゲームを遊んでお金を得る、子どもからしたら夢の仕事でしょう。

それと同時に競争率が激しい世界だと思います。

皆がラクして稼ごうと考えてプロゲーマーになっても、
ゲームの収益だけで生活する人はごく僅か・ひと握りです。

私たちがテレビ・ネットでプロのスポーツ選手を見ると
ほとんどが一流選手の中の超一流だけですよね。

メジャーではないけどマイナーでもないゴルフを例にすると
日本のプロゴルファーは5000人程度いて上位100人の平均年収は3000万円前後
会社員の平均年収を大きく上回る賞金を獲得します。

しかし、3000万円を超えるのはその中でも上位30人
それ以下は会社員より少し多い程度。

100位前後の選手は会社員より下回り
私が知っている最も低い年収は11万円です。

月収ではなく年収が11万です。

もちろん、ゴルフだけで生活しているわけではないと思うのですが
プロの世界は相当に厳しいことが分かります。

スポンサー契約をしているトッププロは億単位で稼いでいるようです。

スポーツとして捉えるとゲームもゴルフも同じだと思います。

ラクして稼げる仕事はないに等しいです。

ゲーム実況のために専門学校に行く必要は?

冒頭で紹介した専門学校のキャスター専攻は
本当にキャスター・MC志望の人が行く印象があります。

主にトーク、司会としての立ち回りを学ぶ授業・実技があると思いますが
個人で楽しくお金を稼ぐことを考えずにゲーム実況をしたい人であれば行く必要はないと思います。

本当にゲーム実況だけではなく
オールラウンドにゲームを土台にして仕事にしたい人は行くことも
一つの手段ですが、学費もかかるし時間も削られるし自由な時間がなくなるのが嫌という人には
あまりおススメしないです。

(学費・カリキュラムを調べると通常の専門学校と大差ない金額でした。)

マイペースに活動をしたい人は自分の力でコツコツと続けるのが
人気ゲーム実況者への一番の近道だと、経験則で言います。

だから、自分の目標次第で行く・行かないの選択を取るといいでしょう。

ゲーム実況に必要な基礎知識

ゲーム実況に必要な機材は別記事を参考にしてもらって、基礎知識はこれだけ!

『習うより慣れろ!』ゲーム実況者として活動している上で、これ以上の基礎知識はないと思います。

例えば、英語は単語だけで話せるようになりますか?
難しい文法を覚えたら話せるようになりますか?

英語で話すことで、初めて英語を話せることになります。

恥じらいを捨てて、まずは話してみること。

勿論、最低限の知識・材料は必要ですが
『使う』ことで初めて意味を持ちます。

最速で英語を話せるようになる方法は外国人と話すことです。

だって、英語で話す他方法がないから。
ゲーム実況も同じでビデオキャプチャOK・マイクOK・ゲームOK
でも実況は撮らないでは意味がなく何事も意味があるから行動をします。

ゲーム実況を一本撮って動画を投稿したら立派な実況者です。

自分の声が嫌い、自分のトークが下手、恥ずかしさ・つらさを背負って始める人ばかりですが、
それを乗り越えてしまえば、専門学校に通わずともゲーム実況者として十分活動できるはずです。

『夢を見る、それが未来を変える。』

私の底辺ゲーム実況者時代からの格言ですが
ここまでいくつも『いつか』の夢を見て活動をしました。

・いつかゲーム実況で100万回再生を達成する

・いつかゲーム実況の公式生放送に出演する

・いつかゲーム実況の公式イベントに出演する

実際この3つすべてを達成しました。

当時の自分では夢のまた夢が、いつのまにか実現していました。

時々知り合いのゲーム実況者と酒を酌み交わしながら夢を語っていましたが
そのゲーム実況者もいまでは人気ゲーム実況者の仲間入りを果たしています。

夢を見ることは、未来を変えることにつながります。

笑われたっていいから語りましょう!!

ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ?

100万再生回数を2本以上持っている
実況歴7年のゲーム実況者が明かす月収!

ゲーム実況の地獄すぎる拘束時間。

ゲーム実況をしたいと思う人には目を背けたくなる辛い現実を教えます。

ゲーム実況がしたんですか?
それとも、お小遣い程度にお金がほしいんですか?

ゲーム実況をしたいなら、
このページは閉じることをおすすめします。

お小遣いを稼ぐために、動画を作りたい人は以下のページをクリックしてみて下さい!

→ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ

-------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする