ゲーム実況の再生数が少ない伸ばす方法は?ランキング上位者の共通点

ゲーム実況ではなく
お小遣い稼ぎを最終目標にしている人は以下をクリック↓

YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

ゲーム実況を始める目的は何でしょう。

一人でも多くの人に自分の動画を視聴してほしい。
自分の動画を見てこのゲームを遊んでほしい!。

ゲーム実況者として活動を始める理由は一人ひとり違います。

きっかけは何であれゲーム実況者になりたい!
という気持ちは全員が共通してます。

もう一つ、動画を伸ばして人気者になりたい!と活動している人がいます。

『動画を伸ばす』とは『再生数を増やす』こと。

ひと昔前なら、一日で動画を伸ばす方法が存在しましたが
現在、ゲーム実況が普及し再生数を増やすことは容易ではなくなりました。

また、ゲーム実況が『多様性』を持ち植物の根のように
一つのゲームを実況するだけでも枝分かれに様々な方法で視聴者を楽しませる。

ゲーム実況の楽しみ方は『無限』になりました。

『多様性』を持つことで難しくなったゲーム実況

ひと昔前に一日で動画を伸ばす方法が存在したことを話しましたが
これは当時タブーとされていた方法で『新作』をゲーム実況するだけで万単位で再生数を稼げました。

いまでは大多数のゲーム実況者が躊躇なく新作ゲームを実況して
その方法は今や一般的となってしまって動画を伸ばすことがより難しくなりました。

分母が多くなったことにより競争率が上がり再生数が
分散されてしまっているので急激な再生数の上昇は見込めない時代です。

これからコツコツと数字を伸ばす暇はなく、のんびりとしていたらゲーム実況のブームは去ります。

普通の動画では普通以下の数字しか得られずに終わります。

はっきり言います。

一年です。わずか一年の中で『勝負』をする準備をする。

ここからこれについて説明します。

わずか一年の『準備期間』

人気ゲーム実況者、ランキング上位の実況者は自信作を仕上げる・勝負をする準備をします。

これは何年もかけて作り出すのではなく一年です。

一年でヒット作を出せなければ、ゲーム実況者として第一線で活躍するのは難しいです。

ズバリ言えば一年に一度ヒット作を出せなければ人気を継続することも難しいです。

ゲーム実況者はプロではありませんがプロのような意識を持たなければ長くは活動できない。

では、芸能人を思い浮かべてみてください。

世の中で『一発屋』と呼ばれる人達の中で現在活躍している人は少ないです。

子役にしても数年前まではテレビで見かけていたのに気づいたら見なくなった。

このようなことは往々にしてあります。

分母数は明らかに少ないゲーム実況者でさえ『一発屋』で終わってしまうことだってあるのです。

わずか一年の『準備期間』は初年だけではないということです。

ランキング上位者の共通点は『意外性』

固定の視聴者が数千、数万単位でいるから安泰の時代は終わりました。

新規で面白いゲーム実況者が続々と出てくれば目を奪われ
少しずつ自分のファンである人達が去ってしまうことはショックな話ですが現実にあります。

私自身もかつては好きなゲーム実況者がいましたが
活動の方向性・意外性がなくなってしまった途端、パタンと視聴を止めました。

ここで『意外性』というキーワードに触れるとテレビにしてもネットにしても
『話題性』と『意外性』は鏡合わせのようなもので人を引きつける何かがあります。

ゲーム実況における「これがくるとは思わなかった!」
と視聴者に思わせるには他のゲーム実況者よりも先行して仕掛ける他ありません。

つまり、ヒット作を生み出すには『意外性』を持たせること。

もっと分かり易く言えば『視聴者を飽きさせない』

毎回ものすごくサプライズをするような実況プレイ動画を作れれば苦労に越したことはなく
全員が人気ゲーム実況者になれているだろうけど実際はそうではなくみな「どうすれば伸びる動画を作れるだろうか」と考えます。

ここで意識するとよいのは「これは私しか考えていないだろうな」と、まずは思い浮かべる。

この時点で『奇抜なアイデア』が思い浮かぶと
それを具体的にどのようにすれば動画としての面白さが出るかを考えるようになり
次々と今までの苦悩が嘘のように事が上手く進みます。

『意外性』を生み出すのはスピード勝負です。

二番煎じで成功した事例は少ないです。

たった一つのアイデアが
人気ゲーム実況者への一本の架け橋となります。

椅子に座っていられる時間は少ない

もちろん一本のヒット作だけで成功している人はいます。

シリーズ化して視聴者が飽きるまで続けるという手もあります。

例えば『MainCraft』のゲーム実況であればシリーズ化は容易く、応用が利くゲームはこれ以上にないといえます。

しかし、ゲーム実況者も視聴者も気づいている人はつぶやきます。

ゲーム実況はもう『やり尽くされてしまっている』のではないかと。

前代未聞のゲーム実況企画!
と銘打ったところで誰かの焼き回しのようなものになり
大海のような動画の中に沈んでしまう現状で動画を伸ばすというのは針の穴に糸を通すようなものです。

ただ、それだけやりがいのある活動であるということは忘れないでください。

『意外性』だけで伸びることもあれば『普遍性』を好む視聴者だっています。

いつまでもゲーム実況は面白い!
と思っている人を大切にすることがなにより大事です。

ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ?

100万再生回数を2本以上持っている
実況歴7年のゲーム実況者が明かす月収!

ゲーム実況の地獄すぎる拘束時間。

ゲーム実況をしたいと思う人には目を背けたくなる辛い現実を教えます。

ゲーム実況がしたんですか?
それとも、お小遣い程度にお金がほしいんですか?

ゲーム実況をしたいなら、
このページは閉じることをおすすめします。

お小遣いを稼ぐために、動画を作りたい人は以下のページをクリックしてみて下さい!

→ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ

-------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする