ツイキャスゲーム実況の著作権の許容範囲は?編集できない生配信の注意点

ゲーム実況ではなく
お小遣い稼ぎを最終目標にしている人は以下をクリック↓

YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

ツイキャス(CAS)はニコニコ生放送
YouTubeLive同様にゲーム実況配信が可能です。

しかも上記二つより手軽で高画質・高音質を求めるなら機材を揃えるだけでいい

手早くゲーム実況者になりたいという人にはおススメの配信アプリと言えるでしょう。

ただ、初めてゲーム実況をする人にとって
心配なことは著作権の問題と生放送をする際の注意点。

これだけはしてはいけない!ことを知らないまま活動するのは怖いですよね。

今回はツイキャスでのゲーム実況の著作権と生配信の注意について説明していきます。

動画と生放送のゲーム実況、どちらが向いている?

ゲーム実況者には動画を主体に生放送を定期的に
生放送を主体に動画を一切投稿しない自分の活動方針に応じて『型』が存在します。

私は活動を開始した当初から動画を投稿し続けて
生放送は年に二回だけです。

一年の上半期と下半期、半年間の動画のまとめと感想を話すタイミングを設けています。

動画と生放送で使い分けをする理由はいくつかありますが、一番の理由は『編集』です。

学生のゲーム実況者は時間があるから動画と生放送を使い分ける必要はあまりないと思います。

動画は録画・録音したファイルを編集して動画として投稿することができますが、
生放送はCASを利用している場合はファイル形式で残らないため編集して動画にすることはできない仕様になってます。

時間の少ない動画主体のゲーム実況者であれば生放送での
ゲーム実況はメリットが少ないです。(生放送は編集ができないので動画化が難しい。)

これは筆者の例で「自分は生放送に向いている!」と思えば生放送での活動を主にして
生放送でしかできないゲーム実況をしていきましょう。

ここからCASを利用して実況をする人に著作権の問題を含めた注意事項と
生放送中に心掛けることを紹介します。

正統派のゲーム実況者になりたければ必読です。

著作権の心配をせず、モラルの心配をする

ゲーム実況の著作権の許容範囲はひと昔前と比較して緩くなりました。

元々ブラック寄りのグレーな存在とされていた実況プレイ動画はいつ削除されても文句を言えなかったです。

しかし、昨今ゲーム業界の事情もありゲーム実況は
広告以上の宣伝効果があることに目をつけてゲーム実況者人口を急激に伸ばしました。

著作権の心配はほぼしなくてよくなった一方でモラルの問題が発生しています。

ゲーム実況というのは『ゲームをしている様子』を視聴者に見せるシンプルかつ幅広く面白く
無限大の可能性を秘めた遊びだと思っています。

しかし、『ゲーム』ではなく『自分』を見せたい欲求の多い人が後を絶たず
ゲームを蔑ろにしているゲーム実況者にはならないように気をつけてください。

人気を得られるのであれば何をしてもいいという考えで活動をしている人は
『ゲーム実況』ではなく『パフォーマンス』です。

倫理的な話ではなく道徳的な話をすればゲームが好きな人
ゲーム会社にとって『ゲームを台無し』にされることほど不快なことはないでしょう。

CASだけではなく生放送をする人達は少なからず「人気になりたい!」と思って活動を
していますが『ゲームがあって自分がいる』ことを心掛けましょう。

言い得て妙な話ですが、『ゲームがなければなにもできない』人こそ本物のゲーム実況者だと、私は思います。

生放送は編集ができない、からこそ真剣に取り組む

これまでの人生で「しなければよかった」と後悔する瞬間がきっと何度もありましたよね。

前向きな人間であれば「したからこそ今がある!」
と言いますが、ネットの生放送における
「しなければよかった」は自分一人の問題ではなく視聴している人間、全員が関与します。

SNSの発言が問題となり炎上をした、というニュースをよく見かける人は他人事ではないと思ってください。

ネットで活動をするということは現実で悪いことをするよりもバレるのが早いです。

また、『火のない所に煙は立たぬ』という諺がありますが火が無くても火を点けられる可能性もあります。
(恨みを買って悪い噂を流されたら炎上につながります。)

ここで言いたいことは人生も生放送も『編集』できないということです。

生放送で発言したことは取り消せると思いがちですが
一度口から放たれた言葉は視聴者の解釈次第となり、自分が意図していたこととは正反対の意味に捉えられてしまう危険が潜んでいるわけです。

動画では「ここはダメだな!」と思った部分を削除することができますが
生放送では編集ができないので一言一言に責任を持ちましょう。責任を持たなかった人は大体炎上してます。

<まとめ>動画の編集も生放送の発言も人柄がはっきりと出る

これはゲーム実況者として長く活動している人とゲーム実況を長く視聴している人には
動画の内容一つでこの実況者がどのような人物かがわかります。

生放送はリアルタイムで視聴する人が大半で「動画とは少し雰囲気が違うな」と思われる
こともありますが、ゲーム実況の生放送は動画以上に真剣に取り組むようにしましょう。

ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ?

100万再生回数を2本以上持っている
実況歴7年のゲーム実況者が明かす月収!

ゲーム実況の地獄すぎる拘束時間。

ゲーム実況をしたいと思う人には目を背けたくなる辛い現実を教えます。

ゲーム実況がしたんですか?
それとも、お小遣い程度にお金がほしいんですか?

ゲーム実況をしたいなら、
このページは閉じることをおすすめします。

お小遣いを稼ぐために、動画を作りたい人は以下のページをクリックしてみて下さい!

→ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ

-------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする