ツイキャスでゲーム実況PS3、3DS、WiiUの家庭用ゲーム機で配信するやり方は?

ゲーム実況ではなく
お小遣い稼ぎを最終目標にしている人は以下をクリック↓

YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

ツイキャスでゲーム実況をするのは
今の中高生のトレンドであり

我こそ次世代のゲーム実況者に!
と意気込んで日々配信に明け暮れる。

手元で手軽に、気軽に自己表現ができるツイキャスのゲーム実況の方法を紹介します。

ツイキャスでのゲーム実況の配信方法

ツイキャスを含め
ニコニコ生放送、YouTubeLive、Ustreamの配信は基本キャプチャボードを使用します。

機材の準備はゲーム機とキャプチャボード前提としてPCを用意します。

また、別途音質の向上を目的にマイクを用意します。

ゲーム実況の基本としてゲーム機、キャプチャボード、マイクの3つがあればOKです。

必要に応じて自分の顔を出して配信をする場合は別途Webカメラを用意するとよいです。

PS3の配信方法

数々のゲーム機の中でPS3と3DSの配信方法が異色です。

通常PS3でゲームをする場合は、PS3とTVをHDMI接続でプレイすると思います。

しかし、ゲーム実況ではPS3とキャプチャボードはHDMI接続をしません。

PS3のゲーム画面はPCの画面に表示されなかったり、配信中に何らかの問題が発生する
危険性があるからです。

必然的にコンポジット接続をする人が多くなります。

3DSの配信方法

3DSは仕様でキャプチャボードと接続が不可能です。

ゲーム機の改造が必要です。

3DSにUSB端子を取り付けUSBケーブルでPCと接続をします。

ゲーム機の改造には費用が掛かり故障をすると修理が利かないです。

簡単な方法は3DSの画面をカメラで撮影する方法がありますが、画質は最悪です。

具体的に3DSの改造は何をするかというとキャプチャデバイスを3DSに取り付ける
作業です。

これは3DS側の画面と音をPCに出力する改造です。

3DSの改造は素人には難しく基本は取り付け代行を依頼します。

ただ、この改造作業の代行はかなり費用が掛かり、キャプチャデバイスだけでも
1万円、取り付け作業の代行依頼で計2万円以上掛かります。

私は3DSのゲーム実況をしたことがなく知り合いのゲーム実況者に聞くところ
相場は2万円前後らしいです。

本当に3DSの実況をする必要があるのか考えましょう。

WiiUの配信方法

この3つ中で最も簡単でHDMI接続とコンポジット接続どちらにも対応してます。

高画質を取るならHDMI接続ですがHDMI接続に対応しているキャプチャデバイスは
少々値は張るがゲーム実況者の必需品といえる品なので一つは手元に持っておくとベスト。

家庭用ゲーム機は視聴者の需要がある

ツイキャスは配信者側の手軽さがあれば、視聴者側の手軽さがあります。

今ではごく当然のことですが最新のゲームを画面越しとはいえど見られる便利な時代です。

私が子どもの時は最新のゲームは実際に買わなければ映像を見ることができず
わざわざ友達の自宅まで遊びに行きプレイしました。

今の子どもたちには最新のゲームも
ごく普通にネットで視聴して「このゲームは面白そうだな!」と思い実際に購入する。

おそらく億単位の広告と同等の宣伝効果があるゲーム実況は今のゲームを遊ぶ層の需要に
しっかりと応えているコンテンツだといえます。

勿論、基本無料で遊べるスマホゲームの普及によりスマホゲームの実況の伸びしろは
ゲーム機に勝る勢いですが、テレビを囲んで遊ぶゲーム実況は友達と遊んでいる様子は
視聴者が見ても楽しめる、ここにゲーム実況の魅力があると思います。

ツイキャスのゲーム実況はリアルタイムで視聴者の反応を楽しみながら対話をする。

この型の実況者が多いと思いますが、真剣にゲームに熱中している様子を見せるだけでも
私は面白いと思うし、「この人は本当にゲームが好きなんだな!」と思わせることができ、
共感を得られるポイントです。

視聴者の需要に応える為、日々探求あるのみです。

ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ?

100万再生回数を2本以上持っている
実況歴7年のゲーム実況者が明かす月収!

ゲーム実況の地獄すぎる拘束時間。

ゲーム実況をしたいと思う人には目を背けたくなる辛い現実を教えます。

ゲーム実況がしたんですか?
それとも、お小遣い程度にお金がほしいんですか?

ゲーム実況をしたいなら、
このページは閉じることをおすすめします。

お小遣いを稼ぐために、動画を作りたい人は以下のページをクリックしてみて下さい!

→ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ

-------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする