ゲーム実況のおすすめカメラ!Youtubeで投稿したいなら1台は必要になる

ゲーム実況ではなく
お小遣い稼ぎを最終目標にしている人は以下をクリック↓

YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

動画投稿サービス別の実況プレイ動画の特色

ゲーム実況の実況プレイ動画は
動画投稿サービスによって特色があります。

ニコニコ動画であれば映像は
ゲーム画面のみ、音は声と編集をすると効果音。

YouTubeであれば映像は
ゲーム画面、またはゲーム画面とゲームをプレイしている様子。

この二つの大きな違いは一目瞭然、映像に自分を投影しているかの有無です。

ニコニコ動画はサービス開設当時からの習わしからか動画の映像はゲーム画面のみです。

ニコニコ生放送という生配信であれば
小さな画面を表示(テレビではワイプ画面)をして自分のリアクションを生で見せています。

ライブ感を演出するなら当然、生配信です。

一方、
YouTubeはゲーム画面とゲームをプレイしている様子を撮影して映像として
実況プレイ動画にしている動画が主流です。

YouTubeで活動しているゲーム実況者の大半はサムネイルにゲームの画面ではなく
『自分』を前面に出しているものが多いです。

この特色からニコニコ動画では『ゲーム』を魅せる、YouTubeでは『自分』を見せる。

YouTubeでゲーム実況者として活動していく上で
必要不可欠な物、それが『カメラ』です。

ゲーム実況で使用するカメラの基礎知識

では、ここから『ゲーム実況』で使用するカメラの説明をしていきます。

ゲーム実況で使用するカメラであれば
一眼のようなプロが使用しているカメラではなく、『Webカメラ』という一般ユーザーが使用するカメラで十分です。

これはゲーム実況だけではなく様々な使い方があり前述のニコニコ生放送の配信、
Skypeでのビデオ通話と『Webカメラ』は一台持っているだけで役に立ちます。

Webカメラの取り付けはカメラを固定する三脚のようなものは必要とせず
パソコンに直接取り付けて使用することから取り扱い易い機材といえます。

ゲーム実況におすすめのWebカメラを紹介

ここからおすすめのWebカメラの選び方を紹介していきます。

初心者から上級者まで使用している人気のWebカメラから、初心者が慣れるまで使う
比較的低コストなWebカメラまで使用する人によって選ぶWebカメラが違います。

初心者は『ロジクール』のWebカメラを購入すると慣れと満足を得られます。

『ロジクール』とはWebカメラを製造販売しているメーカーのことで動画投稿者、
生配信者からの評価が高いWebカメラです。

このロジクールのWebカメラの優れている点は『高画質』と『使い易さ』にあります。

ロジクールのカメラを中心にゲーム実況でおすすめのWebカメラを紹介していきます。

・LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 『C270』

シンプルさ、かつ手軽さで選ぶなら『C270』なにより低価格。

ひと昔前はこの手のWebカメラの相場は3,000円から上と思われていましたが
このWebカメラは1000円前後で購入可能な初心者が使うWebカメラの代表です。

120万画素と画素数は高くはありませんが画質にこだわらなければこれがベストです。

・LOGICOOL HDウェブカム 『C525』

上の『C270』よりさらに高画質、機能性が向上したものがこちらの『C525』です。

価格は当然高くなりますが、画質にこだわりたい人であれば3000円~4000円で
購入可能なので初心者でも少し慣れた中級者でも使用されているWebカメラです。

また、この『C525』の特徴として『オートフォーカス』機能が付いてます。

この『オートフォーカス』機能とは
何かというとカメラのピントはご存知でしょうか。

簡単に言えば『綺麗に撮影する』機能です。

このカメラのピントが合っていなければ
撮影する対象が上手に映らず画面がボケてしまいます。

しかし、この機能があることで
『自動』でピントを調節してくれます。

これはすべてのWebカメラに付いている機能ではないのでWebカメラを選ぶ際には
『オートフォーカス』の有無を調べるとよいでしょう。

・Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム 『C920』

これまで紹介してきたロジクールのWebカメラの中でも一画をなしているものがこの『C920』です。

本当に画質にこだわるのであれば最高画質の『C920』で決まり、
といえるほどの映像美です。

一度購入してしまうとこれより下のWebカメラは
使用できなくなってしまうかもしれないです。

もちろんオートフォーカス機能付き。

さらにこの『C920』の最大の特徴として『広角レンズ』があります。

と、言われてもピンとこない人に一言で説明すれば『視野が広い』
つまり、写る範囲が広いのです。

そのため通常のWebカメラよりも迫力のある映像を撮影可能な、とにかく映像に
こだわりたい人であればこれ以外あり得ないと言えるほどのWebカメラです。

まとめ

ゲーム実況におけるカメラ選びというのは突き詰めればキリがないものです。

ここまで説明してきたことを踏まえても最終的には自分に合うようなカメラを選ぶことが
これからゲーム実況者として活動していく上で大切なことです。

カメラ選び一つとってもゲーム実況者としての
『自分』を作り上げていくために、
「これでいいか」程度の気持ちでは自分も視聴者も満足する動画は生まれません。

最初こそ肝心、最も手を抜いてはいけない時間なので
初心者こそ慎重にカメラ選びをして、一つでも「これ以上はない」と思えるほどの動画を作り上げてみてください。

ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ?

100万再生回数を2本以上持っている
実況歴7年のゲーム実況者が明かす月収!

ゲーム実況の地獄すぎる拘束時間。

ゲーム実況をしたいと思う人には目を背けたくなる辛い現実を教えます。

ゲーム実況がしたんですか?
それとも、お小遣い程度にお金がほしいんですか?

ゲーム実況をしたいなら、
このページは閉じることをおすすめします。

お小遣いを稼ぐために、動画を作りたい人は以下のページをクリックしてみて下さい!

→ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ

-------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする