ゲーム実況の機材はPS3、WiiU、スマホ用途で違う合わせて紹介

ゲーム実況ではなく
お小遣い稼ぎを最終目標にしている人は以下をクリック↓

YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

ゲーム実況をしよう!と意気込み
いざ実況をしようと思うけど何から準備をすればいいかがわからない!
と意気消沈してしまい、準備の段階で挫折してしまう人がいます。

好きなゲーム実況者にあこがれて自分もゲーム実況を始める、こういう人が殆どです。

とにかく熱意さえあれば何とかなる!
・・・わけではなく、しっかりと準備をしなければゲーム実況者として活動を始めることはできないです。

準備するものは、ゲーム機とゲームソフト!

当たり前のことですが、ゲーム実況にはゲームが無いとできません。

ゲーム機とゲームソフトが無ければゲームができない!
言われなくてもわかってるよ!と思うかもしれませんが
自分の実況したいゲームがあってもゲーム機がない。

ゲーム機は持っているけどゲームソフトがないと
購入しなければいけないことを忘れずに。

据え置き機のゲームの録画方法、準備する機材

据え置きというのは一般的にTVにつないで遊ぶゲームのこと。

PS4、PS3、WiiUなどがこの類に入ります。

このゲームに必要な機材は一つと言っていい『キャプチャ―ボード』。

これなしではゲーム実況の録画ができないほど
ゲーム実況者なら必ず持っておくべき機材。

価格は3,000円と安価なものから2万円と高価なものまで
初心者ならば安価な『GV-USB2』

そろそろ初心者を抜け出した頃で
高画質の実況プレイ動画を作りたいなら『AVT-C875』

ちなみに私はゲーム実況者として活動開始してずっと『GV-USB2』これを7年使ってます。

7年前から使い続けているからまだ初心者というわけではなく
この機材を使用したおかげでミリオン動画(100万再生)を出すことができましたよ。

これを言ってしまっては元も子もないですが
現在は高画質が当たり前になり画質一つで差がつくわけではないので、内容で勝負するのが一番です。

ただ画質にこだわるだけならお金を注ぎ込めばいいだけなので。

年々変化しているゲーム実況の録画方法

一昔前のゲーム実況はキャプチャボードが無ければ録画ができない。

しかし、今や無くてもボタン一つで簡単に録画ができてしまう時代になりました。

この変化を据え置き機の録画方法について説明しながら解説をしていきます。

これまでの据え置き機のゲームの録画は『キャプチャボード』を使用するのが基本でした。

最もシンプルでスタンダード
録画から投稿までストレートに行えるゲーム実況者御用達。

この据え置き機とキャプチャ―ボードの接続方法は仕様が変更され
PS4・WiiUはHDMI端子を搭載したキャプチャ―ボードを購入する必要があります。

また、PS3をHDMI接続する場合は、映像をPC上で表示・録画ができません。

これはPS3の映像・音声にはHDCPという著作権を保護する仕様があり
録画ができないようになっているからです。

しかし、PS3とキャプチャ―ボードをHDMI端子ではなく、
コンポーネント端子で接続することで録画が可能になります。(その分、画質が落ちます。)

PS4・XboxOneはキャプチャー機器が不要

PS4、XboxOneは従来のキャプチャ―ボードが
一切不要になり本体のみで録画・録音が可能になりました。

これはゲーム実況・SNSの普及から実装された機能で見知らぬ
第三者へ自分のプレイ動画、実況プレイ動画を公開する新しいゲームの楽しみ方が誕生しました。

このPS4、XboxOneでの録画機能は
標準搭載されていて録画データは本体に保存されます。

ただし、録画時間には制限がありPS4は60分。

XboxOneは5分とゲーム実況として動画を録画するのであれば
PS4の方が向いていると思います。

二つの録画機能の特徴としては

【メリット】

・PCとキャプチャ―ボードを必要としない。

・TVに接続した状態で録画が可能。(ラグが発生しない。)

・HD画質そのままでプレイ録画が可能。(HDMI接続が不要。)

【デメリット】

・録画時間に制限がある。(PS4は最大60分、XboxOneは最大5分。)

・PS4、XboxOneのゲームしか録画ができない。(ここはあまりデメリットに含まれない。)

・キャプチャーボード使用時と比較して少し画質が荒くなる。

と、全体的にメリットの方が多いです。

なにより周辺機器を必要とせず、初心者には実況プレイ動画を作成し易いので
特にPS4ユーザーにはオススメです。

スマホゲームの録画アプリ

スマホゲームのゲーム実況の場合は
機材より『スマホの画面を録画する』アプリをインストールして録画する方法が主体となります。

また、PCとスマホを繋いで
PCでスマホの画面を録画する方法もあります。

どちらも共通してスマホの画面を録画することになります。

ただし、アプリはiPhoneとAndroidで
インストールできるアプリが違うこともあれば、使い手によって相性があると思うので
自分のお気に入りのアプリが見つかるまで
『iPhoneまたはAndroid』『録画』『アプリ』で検索をするとよいでしょう。

ゲーム実況機材の多様化の中で

『Youtuber』という言葉が生まれて急激にゲーム実況者が増加して
よりクオリティの高い動画を作成しようとテレビ局で使用しているような機材を用いる人もいます。
ネット上に溢れるほどゲーム実況者がいる今、少しずつ『テレビの真似事』をする傾向にあります。

これでは今まで『ネットだからこそ』面白かったものが少しずつ一般化するようになり
面白さが薄れていくのではないかという懸念もあり
今後のゲーム実況の行方は誰にも分からないです。

『ネットだからこそ』できることをゲームを通じてできるように
最低限の知識をここで得て、ゲーム実況者として活動してもらえたらいいなと思います。

ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ?

100万再生回数を2本以上持っている
実況歴7年のゲーム実況者が明かす月収!

ゲーム実況の地獄すぎる拘束時間。

ゲーム実況をしたいと思う人には目を背けたくなる辛い現実を教えます。

ゲーム実況がしたんですか?
それとも、お小遣い程度にお金がほしいんですか?

ゲーム実況をしたいなら、
このページは閉じることをおすすめします。

お小遣いを稼ぐために、動画を作りたい人は以下のページをクリックしてみて下さい!

→ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ

-------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする