ゲーム実況でおすすめのゲームは?何が再生回数を稼げる?

ゲーム実況ではなく
お小遣い稼ぎを最終目標にしている人は以下をクリック↓

YTM∞(MUGEN) YouTube トレンドマーケティング∞(MUGEN)

僕も私もゲーム実況者になりたい!
このような時代が来ると誰が予想していたでしょうか。

子ども達の将来の夢の一つに
『YouTuber』があるように動画投稿をして人気者になりたい!

と志す人々が出てきました。
しかし、これからゲーム実況者になって人気実況者の仲間入り
することがはたしてできるのだろうか。

このような疑問に答えるべく、これからゲーム実況者になりたいあなたにとって少しでも
役立つ情報をお伝えしていきますので、よろしくお願い致します!

ゲーム実況の先駆け

今、人気のゲーム実況の発端はご存知でしょうか。

皆さんの知るところであればテレビ番組『ゲームセンターCX』だと思います。

よゐこの有野晋哉こと
有野課長がゲームをプレイしながらトークを繰り広げる長寿番組。

番組開始は2003年、動画投稿サービスで
ゲーム実況が流行する数年前から始まったことから『ゲーム実況の先駆け』だと言えます。

また、同時期に
ファミ通Waveの企画で『アメリカザリガニのキカイノカラダ』という
こちらもゲームをプレイしながらトークを繰り広げるDVD限定の番組がありました。

しかし、この時点では『ゲーム実況』というジャンルではなく
『ゲームをプレイしている様子を見せる』程度の枠組みでした。

YouTube、ニコニコ動画など動画投稿サービスが開始され
今では一般的な『ゲーム実況』というジャンルが確立されました。

2008年のゲーム実況ブームから『ゲーム実況者』と
呼ばれる人々が台頭して2008年から2010年はゲーム実況の最盛期だったといえます。

今のように大衆化してない時期の
ゲーム実況の盛り上がりは一つのブームを起こしました。

ゲーム実況の理想と現実

さて、ここまで
『ゲーム実況の先駆け』の一部を語ったところで本題に入ります。

さきほども言ったように現在は
『ゲーム実況』というジャンルが一般的となり
ゲーム実況の撮影・録音方法が簡単になり、誰もがゲーム実況者になれる時代になりました。

そのためゲーム実況者の総数はかつての数十倍になり
人気実況者になれるのはごく一部、統計では全体の一割以下の人間だけが人気実況者として活動していることになっています。

僕も私も好きなゲーム実況者のようになりたい!

このような『理想』から活動を始める人の大半は
すぐに『現実』を知ることになります。

これは再生数を稼げるだろうと思って
投稿した動画の再生数が一週間後2桁以下のことは珍しいことではないです。

動画の内容が面白くてもつまらなくても
『まず見てもらえない』
という『現実』にぶつかることになります。

「こんなはずではなかった」結局、再生数を
稼げない辛さからすぐに辞めてしまう人も少なくないです。

では
どのようなゲームをすれば再生数を稼ぐことができるかおすすめを教えましょう。

現在のゲーム実況はゲーム選びではなく

結論から言ってしまうと
これなら再生数を稼げるというゲームは『ない』です。

これをすれば再生数を稼げると分かっていれば
全員が実況していることになります。

それほどまでに実況プレイ動画は飽和状態にあります。

現在のゲーム実況で再生数を稼ぐには
ゲーム選びではなく『企画』のセンス次第です。

ゲーム実況以外の動画を視聴することがあるなら
動画のタイトル、企画の内容に注目してください。

再生数のある動画は共通して「これは!」と再生したくなる奇抜な動画が多いと思います。

つまり、初心者のゲーム実況者は『ゲーム選び』だけで
再生数を稼ぐことは不可能に近いです。

ひと昔前であれば新作ゲームを実況するだけで見てもらえました。

なぜかというと『ゲーム実況』自体がグレーな存在でもしかしたら
ゲーム会社から権利上動画を削除されてしまいかねなく新作ゲームを発売直後に
実況をするとたちまち炎上してしまうという暗黙の了解がありました。

それを利用して
『炎上覚悟で新作を実況』して人気になった人は今でも活動を続けてます。

しかし、現在は博打のような方法も通用せず
『ゲーム』ではなく『企画』に頼りかねない現状が続いてます。

実は、この現状を打破する方法がいくつかあります。

虎の威を借るゲーム実況者となる

『人の褌(ふんどし)で相撲を取る』
という言葉をご存知でしょうか。

あまりよい意味ではなく
『他人の力を利用して自分の目的を果たす』ということです。

これはゲーム実況で人気になるための手っ取り早い方法で
『人気実況者とコラボ』をすることで『自分』を見てもらうという王道ではなく邪道な手です。

自分のしたいことを優先する人には向いてない方法ですが
何が何でも人気実況者になりたいという人には

この方法を取ればあたかも人気が急上昇しているゲーム実況者を
演じることができます。

ただ『演じる』と表現するように自分の中身・魅力がなければ
結局、自分の視聴者となってもらえるわけがないです。

最初から他人の力に頼り切るのではなく一定期間、自分の力量を上げつつ
ゲーム実況者同士の縁を持って初めて勝負に出るように使うべき方法です。

まとめ

この記事のタイトルが
『何が再生数を稼げる』とゲーム実況者に疑問を投げかけてる形になっていますが、実のところその答えはどこにもないです。

本気で取り組むのであれば時として『自分』を捨てることも必要になります。

自分のしたいことだけをしているようでは
人の目に触れるような実況プレイ動画を投稿し続けることはできないです。

自己満足で活動しているなら十分だと思いますが
人気になりたい!という野心を持っている人はどこまでも貪欲になりゲームではなく
作り上げた『自分』で活動していかなければならないのが、現在の『ゲーム実況』です。

ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ?

100万再生回数を2本以上持っている
実況歴7年のゲーム実況者が明かす月収!

ゲーム実況の地獄すぎる拘束時間。

ゲーム実況をしたいと思う人には目を背けたくなる辛い現実を教えます。

ゲーム実況がしたんですか?
それとも、お小遣い程度にお金がほしいんですか?

ゲーム実況をしたいなら、
このページは閉じることをおすすめします。

お小遣いを稼ぐために、動画を作りたい人は以下のページをクリックしてみて下さい!

→ゲーム実況の真実!地獄からどう稼ぐ

-------------------------------------------------------------

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする